レポート

17日に帰国し、21日のリサイタルに臨みました。

余震、原発と、今もなお不安な日々が続いています。
このような時期にもかかわらずいらしてくださったお客様方、
ありがとうございました。
日本に戻り、今日こうして皆様に聴いていただく事が出来ることに
感謝の思いでいっぱいです。
これから先どのような状況においても、
自分の本分を全うし、前に進んで行けるよう努めたいと思います。

アンコールには、ポンセ作曲のエストレリータを演奏しました。
エストレリータとはスペイン語で小さな星という意味です。
希望の星が闇夜を照らしてくれますようにという想いを込めて…

今回は、終演後お客様方と歓談の時間があり、
初めてのお客様ともお話しする機会が得られたのは嬉しい事でした。

会場の皆様に、大震災にあたっての義援金をお願いしました。
皆様のお気持ちとしていただいた32,864円は
共演のピアニスト中川さんと昨年も演奏の機会があった石巻市へ
贈らせていただきました。

ありがとうございました。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

23日ヤマハでのコンサートは、
台風のようなひどい雨と風になってしまいましたが
ほぼ満員の温かい雰囲気のなか、演奏させていただきました。
あのお天気の中、おいで下さった皆様、本当に有り難うございました。

演奏したシューマンのソナタ第一番は大嶺未来ちゃん、
サラサーテのサパテアード、パガニーニのカンタービレは伊藤わか奈ちゃんが
ソロもあるなか共演してくれました。
一緒に演奏出来て嬉しかったです。

ヤマハのサロンは木の温もりがあって、
音にもそれがそのまま伝わるような素敵な会場でした。
お世話くださったヤマハの皆様、どうもありがとうございました。
写真は未来ちゃんが撮ってくれたわか奈ちゃんとの練習風景です。
f0235427_1530266.jpg

[PR]
by masae-kobayashi | 2011-04-26 08:25 | 全体 | Comments(0)
<< 石巻へ チャリティコンサート in ベルリン >>